前へ
次へ

三割負担でも医療費が高くなるときには

大きな怪我や病気をしてしまうと、入院をする必要が出てきます。
手術もしなければならないかもしれませんね。
その際には、もちろん多額の費用がかかります。
ただ、普通は誰もが保険を使うはずなので、負担は三割で済ませられます。
しかし、手術代が数百万円という額に達することもあります。
クモ膜下出血になって開頭クリッピング手術をしたなら、400万円ほどかかることもあります。
400万円の三割と言えば、120万円です。
これは、普通の人にはなかなか払うことができない額となります。
三割負担でも高すぎるというケースが出て来るわけですね。
ただし、そのすべての費用を自分で支払う必要はまったくありません。
なぜなら、日本には高額療養費制度というものが存在しているからです。
この制度は、申請しなければ使うことができませんが、手術をした病院から制度の紹介は受けられるはずです。
これを申請しておけば、費用負担は月々数万レベルにまで抑えられます。
収入額によって月々の限度額も変わってきますが、お金持ちの人でも10万円強の出費で済ませられるのです。

Page Top