前へ
次へ

ジェネリック医薬品で医療費を減らす動きが出てきた

ジェネリック医薬品というのは、成分や効果は通常の薬と変わらないのですが、値段が数分の一で済む薬のことです。
この薬を使っていけば、大幅に医療費を圧縮できると言われています。
日本の医療費に占める医薬品の割合は非常に高く、ここを圧縮できれば医療費全体の削減が可能となります。
ジェネリック医薬品は、患者側にデメリットがあるわけではありません。
成分も効果も同じなのですから、使う側は何も困ることがないのです。
それでいて費用が数分の一ということですから、これは医療費削減の救世主的な存在だと認識されています。
政府は、このジェネリック医薬品を積極的に使っていくべきだという提言を行っています。
上手くすると、数千億円というレベルで医療費が削減できるかもしれないからです。
医療費の増大が財政を圧迫していましたが、安い薬が使えるようになると、その状態も改善に向かうかもしれません。
消費税をこれ以上上げることも難しいので、政府はジェネリック医薬品に日本の未来を見出しています。

簡単に作れるロートアイアンを製造している会社
一般の鉄工所などでも切断や溶接組立てが簡単に行えるので、思い通りの製品を簡単に製造できます。

麻布十番でのパーソナルトレーニングには当ジムがおすすめです

Page Top